生理と子宮筋腫の関係

 

ホルモン安定させ辛い不順・生理痛を正常に

▽▽▽

 

発生原因は未だ明らかになっていないが、子宮の筋肉に硬いこぶのようなものができる良性の腫瘍「子宮筋腫」は女性の子宮、中でも一番多い疾患であることはご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

子宮筋腫は主に30代から閉経までの女性が発症しやすいと言われていますが、実は近年、20代女性にも増えているのはご存じで無い人は多いのではないかと思います。

 

冒頭では発生原因が明らかになっていないとされていますが、有力な説は生理が順調に来ていない女性に多いということが分かってきました。

 

万が一、子宮筋腫があるとでる症状は、生理時に出血の量がいつもよりも多くなったり、生理期間が長くなる、生理痛がひどくなるなどの症状が表れやすい。放置しても勝手に治ることはないので、症状があった場合は、病院で検査してもらいましょう。

 

治療方法としては、子宮筋腫の大きさや症状、出産予定の有無などから方法が変わります。手術で切除して筋腫を取り去る方法やホルモン治療でメスを入れることなく治療したりと様々です。

 

最も売れているおすすめタンポポ茶!!