母乳育児中のカフェインの摂りすぎは赤ちゃんに良くないの?

 

 

カフェインと摂取すると必ず母乳に混ざります!

母乳育児で子供を育てている女性も増えてきましたね。

 

しかし、コーヒーなどに含まれるカフェインについて、またカフェインが授乳中の赤ちゃんにどのように影響するか知っている方はまだまだ少ないようです。

 

母親がカフェインを摂取すると母乳には、1%前後のカフェインが入り込みます。

 

 

「たかだか1%、コーヒーを2〜3杯飲んだくらいでは赤ちゃんに影響でないでしょ?!」

 

 

たしかにごく少量ですが赤ちゃんはカフェインに対して過敏に反応を示すので、けっこう注意が必要です。次のような症状が赤ちゃんに見られるのであればカフェインが原因かもしれません。

 

 

こんな症状が赤ちゃんにみられたら要注意!

 

  • 夜寝なくなる、寝つきが悪い
  • 感情が不安定で情緒不安定にみえる
  • 泣く回数が多く感じる

 

 

目覚ましの一杯として飲まれることの多いコーヒー。コーヒーなどに含まれるカフェインは、脳を刺激し感覚や運動機能を高める作用があり、リラックス効果とは真逆の興奮状態になります。

 

これによってカフェインの摂取により、赤ちゃんが興奮して寝る時間が少なくなったりしますと発育に良くありませんよね?

 

 

赤ちゃんの眠りを妨げると体の発育はもちろん、脳の発育も遅れ頭の悪い子に育ってしまっては将来不安です。

 

 

 

コーヒー以外でカフェインの多い飲み物

「カフェイン」が含まれている飲み物は?と質問するとほとんどの人はコーヒーと口をそろえて答えるでしょう。

 

では、コーヒー以外にカフェインが多く含まれている飲み物は?と質問すると80%以上の方が答えられません。ひょっとしたらコーヒーを避けて飲まないママさんの中に、コーヒー以外のカフェインを多く含む飲み物を知らず知らず摂取している可能性があります。

 

意外とカフェインを多く含まむ飲み物はありますので、ご注意ください。

 

 

多くカフェインを含むドリンク

  • ココア
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ウーロン茶
  • コーラ
  • 栄養ドリンク

 

 

母乳育児をしているからコーヒーは飲まないけど紅茶は飲む、という女性の方も多いようですがこれらにも含まれます。できるだけノンカフェインであることを確認して飲まれるとよいでしょう。

 

 

しかしカフェインが入っている飲み物かどうかは、原材料こそ表示されておりますが、成分までは表示されていないため非常にわかりづらいものです。

 

ノンカフェインの飲み物で赤ちゃんの発育にも良いと有名な「タンポポ茶」、あとは玄米茶もノンカフェインです。

 

最も売れているおすすめタンポポ茶!!