粉ミルク育児のデメリット

 

赤ちゃんを育てる食事として母乳と粉ミルクがありますが、母乳育児が良しとされ、粉ミルクがあまり好ましくないということはどうしてでしょうか?

 

粉ミルクでの育児には次のようなデメリットが生じます。

 

  • 母乳に比べ、発育に必要な栄養素が少ない
  • アゴの筋肉を使わないので脳を刺激が足りず発達が悪い
  • アゴが未発達になり、歯並びが悪くなる
  • 異物反応でアレルギーを引き起こしやすい
  • 消化が悪く、内臓に負担をかけ、便秘になる
  • スキンシップが足りず、人見知り、引っ込み思案な子供になる
  • 思いやりに欠けるため、非行にはしりやすく、家庭内暴力などの原因になる
  • 未熟児の突然死の可能性が高くなる

このように粉ミルク育児は便利な反面、子供の能力の劣化や愛情を感じにくいのでコミュニケーションが苦手な子供になりやすいので母乳による育児が流行っている要因となっています。

 

 

「天才児」は完全母乳で育ちやすい!

 

最も売れているおすすめタンポポ茶!!