アゴをたくさん動かす母乳育児は赤ちゃん脳の発育を高める!

 

 

赤ちゃんは生後1年でめざましい脳の発達を遂げます。
オッパイを飲むときにアゴを沢山、上下に動かし、舌も巧みに使います。

 

アゴを使うと刺激が脳に伝わり活発化し、今後の子供の記憶力、言語力、集中力などに大きな影響を及ぼします。

 

それに加えて母乳の成分には脳の発育させる乳糖、アミノ酸、タウリンを多く含んでおり、結果、粉ミルク(人工栄養)に比べ、賢いクレバーな子供へと成長しやすくなります。

 

 

「天才児」は完全母乳で育ちやすい!

 

最も売れているおすすめタンポポ茶!!