母乳育児は赤ちゃんの歯並びが良くなる!

 

最近、歯並びが悪い子が増えてきています。

 

赤ちゃんのころに粉ミルクで育った子はアゴの発達が悪く、大きさが小さいため、歯がきちっと整列することが出来ないため永久歯がきちっと並ぶことが出来なくなるためです。

 

歯並びが悪いと虫歯になりやすかったり、我慢強さに欠ける子供になりやすいデメリットばかり。

 

 

その点、母乳で育った子供は上アゴ、下あご、舌を上手く使わなければなりませんし、乳房から母乳を出すのはかなりの技術と労力が必要です。これが、アゴの発達につながりキレイな歯並びの元となります。

 

 

一方、哺乳瓶のゴム製の乳首は労をせずにミルクを吸うことが出来るため、アゴが未発達になるということです。

 

 

「天才児」は完全母乳で育ちやすい!

 

最も売れているおすすめタンポポ茶!!