母乳育児なら赤ちゃんのお腹の調子は良好!

 

新米お母さんにとって赤ちゃんの便の状態は期になるもの。ニオイや色は正常か、ゆるすぎやしないか、硬くはないか、など。

 

 

母乳にはビフィズス因子がタップリ含まれており、赤ちゃんのお腹の中でビフィズス菌が病原菌や雑菌種から守ってくれます。

 

それに加えて母乳のたんぱく質や脂質は消化吸収しやすいため、消化不良を起こす子供はほとんどいません。

 

また、感染防御因子のおかげで未熟児で産まれた赤ちゃんがかかりやすい
新生児壊死性腸炎(腸に穴が開き、やがて死亡してしまう恐ろしい病気)の予防にも一役かっています。

 

これは粉ミルクでは到底マネの出来ない芸当ですね。

 

「天才児」は完全母乳で育ちやすい!

 

最も売れているおすすめタンポポ茶!!