赤ちゃん脳の発育を助ける成分が母乳にはタップリ!

 

運動機能においては動物よりも圧倒的に劣る人間の赤ちゃん。そのかわり、高度な大脳皮質の発達するのが特徴です。

 

 

人間の赤ちゃんは生後1年の間に泣いたり、笑ったり、人見知りをしたり親の言葉に耳を傾け、学ぼうとします。つまり、運動機能よりも脳の発達を優先させ精神的な機能を生後1年で飛躍的に発達させます。

 

 

母乳には脳の発育のためにアミノ酸、乳糖、タウリンがタップリ含まれています。これは人工的に作られた粉ミルクにはマネが出来ない芸当です。

 

「天才児」は完全母乳で育ちやすい!

 

最も売れているおすすめタンポポ茶!!