生理不順の原因

 

ホルモン安定させ辛い不順・生理痛を正常に

▽▽▽

 

原因その1:「不安定期」

まだ身体が成熟しきっていない思春期の女の子や、50歳前後の更年期の女性は、体の環境が整っていない為に月経が不安定だったり、更年期でホルモンバランスがくずれ安定しない等の理由によって生理不順になりやすくなります。

 

原因その2:心身への負担やストレス

以下の原因が見られる場合、生理不順が起こりやすくなります。

  • 過度のストレス
  • 急激に体重が減るような過度のダイエット
  • 激しい運動、スポーツ

生理不順の原因

実は生理は子宮だけで全て行われているものではありません。生理の一連の工程は「脳の視床下部」「下垂体」「卵巣」「子宮」といった複数の器官が連携しながら進められるものです。

 

過度に負担が体にかかると、視床下部(脳)から正常に指令が発せられなかったり、自律神経が乱れてホルモンの分泌量に影響が出ると生理不順がおきます。

 

原因その3:病気や薬の副作用

 

からだの特定の器官に異常があると生理不順が起こる場合があります。

  • 下垂体の機能の異常
  • 卵巣の異常
  • 甲状腺機能亢進症・低下症
  • 薬の副作用(主にに抗鬱剤などの向精神薬)
  • 多のう胞性卵巣や高プロラクチン血症などの病気

 

生理不順の予防策と対策⇒

 

 

 

 

 

 

生理不順の原因記事一覧

生理不順の予防策と対策

ホルモン安定させ辛い不順・生理痛を正常に▽▽▽生理不順が起こる主な原因は「疲れやストレス」「過度なダイエットや運動」「特定の病気」です。予防と対策に必要なのは「健康的な生活をおくること」が大重要です。食生活の改善バランスの良い3食の食事を摂る。暴飲暴食・偏食を避ける。刺激物は摂り過ぎない。お酒・アル...

» 続きを読む

最も売れているおすすめタンポポ茶!!