Q,不妊症の治療はどんなのがあるの?

 

 

 

 

A,不妊治療は大きく分けて2つ

1つは「自然妊娠」、不妊原因を改善し身体を正常に戻した上で性行為による妊娠。
2つ目は「人工妊娠」、人工授精や体外受精といった医療技術によって妊娠があります。

 

●一般的な不妊治療
一般的に検査と平行して治療も行われます。

 

  • カウンセリングや性交のタイミング指導

性交のタイミング指導は、初歩的な治療ですが、かなりの効果が期待できます。基礎体温を観察しつつ排卵期を逃さないようにします。

 

  • 内服薬による治療法

排卵障害がある人は漢方薬、排卵誘発剤、高プロラクチン血症の人はパーロデル、黄体機能不全の人は黄体ホルモン剤などを服用します。男性不妊の軽度な場合にも、漢方薬などの内服薬による投薬治療が行われます。

 

  • 注射による治療

投薬が効果がない場合は、注射でHMG(下垂体性性腺刺激ホルモン)という強い排卵誘発剤を使います。

 

  • 卵管通水・通気法

卵管通水とは滅菌生理食塩水を使用し、軽い卵管の詰まりを取り除く方法。通気法は、炭酸ガスを使って、卵管の動きを改善する方法です。

 

●高度医療による不妊治療

 

一般的な不妊治療で妊娠できなかった場合、高度な治療を選択するか選択をせまられます。高度医療は、保険が利かないので、費用もかかります。料金システムを確認したうえで、夫婦でよく話し合い、治療を進めるか決めましょう。

 

  • AIH(配偶者間人工受精)

子宮に精子を細いチューブで入れる方法で、子宮頸管に異常がある場合などに行います。精子の数が少数、運動性劣悪などの精子に異常が見られる場合は、状態の良いものだけを選別して使用します。

 

  • 体外受精

採卵し、選別した精子と受精させつ方法。その後、受精卵を子宮内に戻し着床させる。

 

  • ギフト法(配偶子卵管内移植方法)

卵子と精子を体外に取り出すところまでは、体外受精と同じですが、それらを混合させて卵管内に移植する方法。

 

  • 顕微受精

卵子と精子を体外に取り出すところまでは、体外受精と同じですが、顕微鏡を見ながら卵子内に精子を入れて受精させる方法です。

 

 

 

 

不妊症のよくある疑問⇒

 

 

 

 

 

 

最も売れているおすすめタンポポ茶!!