Q,不妊症の検査とは?

 

身体を『妊娠体質』にしまませんか?

 

 

 

なかなか授からない人にオススメなのはAMOMA妊活ブレンド

受精障害と診断された・排卵時期が不安定でタイミングが読めない・ホルモン値が低い・卵管閉塞で治療中・受精卵が着床しにくい・生理不順などの悩みは内側から解決できます。


 

 

A,初診時から夫婦揃って検査を受けるのが理想的です

 

不妊原因は、男女半々にありますから、初診から夫婦揃って検査を受けるようにしないと時間のロスになります。男性に比べ、女性の不妊検査はチェック項目が沢山あり、時間がかかるのが一般的です。また、不妊治療の際には長期間にわたることもしばしば、夫婦の協力が不可欠です。

 

男性側の検査項目

  • 初診時の基礎検査
  • いわゆる問診です。主に性交の状況、病歴、手術暦、生活習慣など。

     

  • 精液検査
  • 精子の量、数、奇形の有無、運動性のチェック。

     

  • 精巣検査
  • 精液の検査結果が芳しくない場合は精巣を触診などで再検査します。

     

  • ヒューナーテスト
  • 性交後の、子宮頸管内の精子の状態を調べます。夫婦間の適合性がわかることも。

     

  • その他検査
  • 染色体やホルモン検査、時には性感染症を調べることも。

     

 

女性側の検査項目

  • 初診時の基礎検査
  • 主な質問項目は、年齢、結婚年数、不妊期間、初経年齢、月経の状態、妊娠・出産・中絶の経験、性交の状況、避妊の状況、過去の病歴などです。問診後、必要であれば身長・体重の測定、乳房のチェック、血液検査、尿検査などが行われます。

     

  • 超音波検査
  • 子宮の形態や子宮筋腫・卵巣嚢腫の有無、月経周期に合わせて、排卵の有無、卵子の発育状態を調べます。

     

  • ホルモン検査
  • 必要があれば各種ホルモンの測定。これによって排卵の有無や排卵障害の程度がわかります。

     

  • 子宮卵管造影検査
  • 子宮内に造影剤を注入し、X線で卵管の状態、子宮の形や大きさを調べる非常に大切な検査。痛みをともなうこともありますが、卵管の詰まりが改善やという治療効果もあります。

     

  • 腹腔鏡検査
  • 必要があればファイバースコープで子宮や卵管を検査します。

     

  • 頸管粘液検査
  • 排卵期の頸管粘液を採取、粘液の状態や排卵の時期などを調査。

     

  • ヒューナーテスト
  • 男性と同じ。

     

  • その他検査
  • 血圧、尿タンパク、血糖、尿糖などの検査のほか、子宮がん検診、貧血、風疹、B型肝炎、C型肝炎、トキソプラズマ、梅毒、クラミジアなどの性感染症検査。さらに希望する人にはエイズ(HIV)の検査もします。

     

 

日本には夫婦10組に1組の割合で不妊症で悩んでいます

 

Q,不妊症の治療はどんなのがあるの?⇒

 

最も売れているおすすめタンポポ茶!!