日本には夫婦10組に1組の割合で不妊症で悩んでいます

 

身体を『妊娠体質』にしまませんか?

 

 

 

なかなか授からない人にオススメなのはAMOMA妊活ブレンド

受精障害と診断された・排卵時期が不安定でタイミングが読めない・ホルモン値が低い・卵管閉塞で治療中・受精卵が着床しにくい・生理不順などの悩みは内側から解決できます。


 

 

 

 

不妊症の定義

「不妊症」とは避妊もせず定期的な夫婦の営みがあるにも関わらず、
2年以上の妊娠が無いことを指します。
通常、健康的な男女が性生活を営んでいると1年以内に妊娠する確立が約80%、
2年以内では約90%が妊娠しているとデータがあります。
また、排卵日にセックスを行ったとしても20%も妊娠確立があります。

 

原因は男性女性ともに可能性があり複雑です。

一昔前は不妊症というとまず、女側に原因があるんではないかと疑がわれることもありましたが、
今日では男性側にも男性不妊が解明されつつあり、不妊原因は男女半々ぐらいの割合であると
データがあります。原因も様々な要因があり、双方を細かく検査していかなければ原因まで
たどり着きません。調査する場合はそれなりの時間を要します。

 

男性側の不妊原因

  • 精子の異常
  • 精子の数が少ない、つくられない、奇形、動きが悪いなど精子の異常は男性不妊の約80%に値します。生まれつきからの先天性の精巣異常、性感染症、尿路感染症、おたふくかぜなどの高熱の出る病気、ストレスなどでも精巣機能は低下します。

     

  • 性交障害
  • 女性の膣内にうまく射精できない、勃起しないインポテンツの場合は自然妊娠が困難になります。

     

  • 生還通過障害
  • 先天的異常、開腹手術、事故などの後遺症で精管(精子の通路)が塞がってしまった場合。

     

  • 疾患や疲労、生活習慣
  • 糖尿病などの内分泌疾患、極度の疲労、ヘビースモーカーのような喫煙状況や度の越えた飲酒も原因。

     

 

女性側の不妊原因

 

  • 卵管障害
  • 不妊原因の約30%〜40%の割合を占めるとされる卵管障害は卵管が細かったり詰まっていたりして卵子と精子が出会えない障害を指します。卵管障害は主に性感染症(クラミジアなど)や子宮内膜症が原因で起こることが多いようです。

     

  • 子宮の異常
  • 子宮内膜に異常があると、受精しても受精卵がうまく着床できなかったり、着床しても流産してしまいます。子宮筋腫、子宮内膜症、性感染症や、人工妊娠中絶による子宮内膜の癒着などが主な原因です。また、子宮の形に異常子宮があったり2つあったりする場合も、妊娠が困難に。

     

  • 骨盤内の病変
  • 開腹手術の後遺症や子宮内膜症、腹膜炎などによって骨盤内で癒着が起こり卵子の成長や排卵が阻止されるものです。

     

  • 排卵異常
  •  卵子が育たない、育っても排卵できない場合を排卵障害といい、不妊の約25%を占める原因です。そのほとんどは、ホルモンバランスが崩れることによって起こります。

     

  • 子宮頚管の通過障害
  • 子宮の入口である子宮頸管を精子が通過できない障害です。代表的なものに抗精子抗体があります。また、頸管粘液の分泌が少ないために精子がく通過できない場合もあります。

     

  • 膣や外陰部のトラブル
  • 半陰陽、腟の欠損や奇形、処女膜閉鎖などのトラブル。そのままでは妊娠は不可能。ですが非常にレアなケースです。

     

 

男女の適合性が合わない原因
夫婦同士の適合性が悪くて妊娠できない場合もあります。代表的なもので抗精子抗体があります。

 

異常に当てはまらない原因
どこにも異常が診られないのに妊娠しない原因が見つからないケースが不妊症の約10%を占めています。医名では「機能性不妊症」といいます。

 

 

日本には夫婦10組に1組の割合で不妊症で悩んでいます

 

 

 

Q,不妊症の検査はどんなことをするの?⇒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最も売れているおすすめタンポポ茶!!